大東銀行でお金をためる

大東銀行でお金をためるには、円建ての定期預金「スーパー定期」「スーパー定期300」や、外貨預金、投資信託、国債購入など、さまざまな選択肢が用意されています。それぞれのサービスは、貯金の目的や預入期間など、預金者の都合に合わせて効果的に活用できるものとなっています。


円建て定期預金には、一般的な通常貯金や退職金専用の定期預金、それに年金専用の定期預金なども用意されています。条件を満たせば通常の定期預金の金利にプラスされるなどのメリットもあります。また、円建て定期預金の場合、サービス利用者が住宅ローンを利用している場合、定期預金の金利がプラスされるメリットも用意されています。


外貨預金は、専用の預金口座を設けてアメリカドルやユーロなどの外貨を購入し、その外貨を貯蓄に活用する商品です。為替の差益を活用すれば円建て定期預金よりも高金利が得られるので http://www.woman110.com/200807/ 、余裕資金がある人には非常におすすめできる貯蓄商品です。その他、投資信託では日経アセットなどが取り扱う国内外の株券や債券を対象として投資を行うことができます。それに投資信託は、インターネットバンキングを経由して取引ができるので、利便性もしっかり確保されています。


さらに「だいとう資産運用プラン」を活用すると、金利のプラスがさらになされるので非常にお得になっています。投資信託と円定期預金を足した金額のうち、「投資信託において50%以上の投資を行い、残りを円定期に預け入れる」という条件を満たすと、円定期預金の金利が上乗せされるプランとなっています。また、インターネットバンキングを利用すれば、通帳記入しなくとも、残高などの情報がどこからでも確認できますし、定期預金の預入や口座からの振替ができるのでとても便利です。