大阪の老舗の近畿大阪銀行

近畿大阪銀行とライバル

株式会社近畿大阪銀行は、その名前のとおり大阪府、そして奈良県や京都府などに営業エリアを持つ銀行となっています。現在は株式会社りそなホールディングスの子会社となり、りそなグループの一翼を担う銀行として、旧大和銀行と取引のあった企業や顧客とのつながりも堅固となっています。


そんな近畿大阪銀行のライバルと言えば、なんといってもメガバンク各行でしょう。みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、そして三井住友銀行は、大阪府や京都市などの政令指定都市に拠点となる営業部や支店を多数設けているので、近畿大阪銀行から見れば非常に手強いライバルと言えます。


地方銀行で言えば、京都市に本店がある京都銀行、同じ大阪市に本店がある株式会社池田泉州銀行、奈良県 http://www.pref.nara.jp/ の南部で競合することが多い南都銀行 http://www.nantobank.co.jp/ などがライバルとして挙げられます。いずれの銀行も様々な方法で顧客を増やそうとしているので、近畿大阪銀行もうかうかしていられません。


侮れないのはネット銀行です。人口が多い分、大阪府内ではソニー銀行や住信SBIネット銀行、ジャパンネット銀行などのネット専業銀行の顧客も多いです。特にネット専業銀行には預金金利や住宅ローン金利などで比較されると分が悪いので、近畿大阪銀行としても巻き返しが必要な状況となっています。


これらのライバル銀行との争いに勝つべく、近畿大阪銀行では金融サービスの向上に努め、店舗のサービス向上やインターネットバンキングなどの強化を図り、顧客の獲得を図る努力をしています。