大東銀行に関する様々な事情

大東銀行のインターネットバンキング

大東銀行ではインターネットバンキングのサービスとして、主に3種類のサービスを提供しています。サービス内容として代表的なのは、個人顧客を利用者としたサービスである「個人インターネットバンキングサービス」です。個人インターネットバンキングは、パソコンや携帯電話を使うことで利用が可能です。なお、利用前には事前の申し込みが必要です。


実際に利用できるサービスは、残高照会や入出金明細などの情報照会がメインです。あと、振込・振替の依頼も可能です。振込については、当日振込と予約振込が可能です。予約振込は翌営業日から5営業日先まで可能です。あと、総合口座に定期預金口座を開設していれば、定期預金への入金もインターネットバンキングから可能となっています。なお、投資信託や外貨預金などの取り引きは一切できないので、今後これらのサービスが拡充されることを期待します。


そして、法人向けのインターネットバンキングサービス「大東ビジネスインターネットバンキング」は、オフィスに居ながら、企業が利用している口座の預金残高や入出金明細が確認できるオンラインサービスで、銀行窓口に出向かなくても、資金移動(振込・振替)や給与・ボーナスの振込、口座振替、代金回収、各種データ伝送サービスなどの依頼を行うことができます。このことで、経理事務の利便性が向上するので、企業関係者の利用が年々増加しているサービスです。また、債権の管理もできる「でんさいインターネットバンキング」も企業向けのサービスとして提供されています。